【後編】1000万円以上稼いだゴールドの手法公開

https://i2.wp.com/libertyde.org/wp/wp-content/uploads/2020/08/hidari.jpg?resize=987%2C632&ssl=1

引用URL https://short.gy/tx5JTK


ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。

 

今回は、前回の続きにあたる

 

【後編】1000万円以上稼いだゴールドの手法公開 2021/02/11投稿

youtu.be

 

の動画から学ばせてもらいます。ハイトレさん、いつもありがとうございます。

 

ぜひ、元の動画を御覧ください。必ず、何らかの学びや気付きがあります。

 

動画を見た後はYouTube動画の下にあるコメント欄も御覧ください。自分以外の人の意見は自分の助けになることが多いものです。

 

以下は、動画内容のまとめを兼ねた個人的な備忘録になります。

 


■ゴールドの下落に対しての底からのロング(反転上昇)を獲るための方法

 

 1. 1時間足の陽線確定を待て
 2. 4時間足の実体の確定がそろったところを狙え
 3. ゴールドの鉄板パターンを把握しろ

 


1. 1時間足の陽線確定を待て

 

ゴールドは特に下落の勢いが強いので、下降中にテキトーにロングしていたのではすべて刈られてしまう。

 

ゴールドの大きな下落からの反転上昇を狙う場合、一旦の底打ちを決める(下落が止まる)材料が必要になる。

 

その材料というのが、1時間足の陽線確定。

 

1時間足の陽線が確定したからといって必ず上昇が始まるわけではないが、反転上昇を始める最低条件であると覚えておくといい。

 

これを徹底して守ることで無駄な負けを8割以上無くすことができる。

 


2. 4時間足の実体の確定がそろったところを狙え

 

ゴールドの場合、下の画像のような形が結構出てくる。陰線+陽線、の形。

 

f:id:kagoshima-investor:20211203143700p:plain

 

4時間足の最安値になりそうなところで陰線の後に陽線が出たら、「陰線の終値=陽線の始値」になっているかを確認する。ヒゲの長さはバラバラでもいい。

 

加えて、その陰線の高値を陽線の終値が上抜いている(リバーサル・ロー)になっていることも条件にしておく。陰線の下げのチカラを陽線が全部打ち消しているかどうかを観るということ。

 

リバーサル・ロー

https://www.fxbroadnet.com/tech/priceaction/images/bullish_reversal.png

引用URL https://short.gy/5L1EFr

 

陽線が確定してリバーサルローになっていれば、ロングでエントリーしてもいいと言える。実体に注目して判断する。

 

基本は1本1本のローソク足で判断するが、場合によってはローソク足を合成して判断してもいい。

 

3. ゴールドの鉄板パターンを把握しろ

 

ゴールドは下落するときに一定のパターンで下落することが多い。

 

そのパターンとは、

 

 ①大きな下落 → ②横軸調整 or 小さな反発上昇 → ③大きな下落 → ④大きな反転上昇

 

のサイクルで動くということ。

 

f:id:kagoshima-investor:20211203143817p:plain

 

この動きを追うときの注意点として、

 

①は慣れないうちは獲るのが難しいかもしれない。

 

これはエリオット波動での第1波。

 

基本的に①の下落部分は無理して獲ろうとせずに、獲りやすい②と③だけを狙ってもいい。

 

この①の部分で「落ちすぎたから上がるだろう」と思って途中でテキトーなロングをすると痛い目にあう。

 

ゴールドでの①の部分は基本的にはスルーでいい。

 


②は横軸調整または短期的な反発。

 

これはエリオット波動での第2波。

 

ここの短期的な反発上昇は狙ってもいい。短期足で細かく分析すれば狙って獲れると思う。

 

ただし、この後の③では再び下落すると予測しているのだから、②ではあまり欲張らずにほどほどの利益で確定するように心がけること。

 

ここでの横軸調整は結構短い。思っているよりも早く③に移行するので注意が必要。

 


③は②からのプライスアクションを見て、ショートで獲れるようなら獲る。

 

これはエリオット波動での第3波。

 

大きめの下落になるので、積極的に狙っていきたいところ。

 

この下落が終われば反転上昇が始まるが、この下落が終わるまでは徹底的にショートで狙って獲りにいく。

 

その下落もいずれは終わることを忘れずに、欲張りすぎずに適当なところで利確する。

 


④は①・②・③の下落からの反発上昇になる。ほぼ初動から入れる。

 

余談になるかもしれないが、どんな時も、大も小も見ること。大と小。そして、もっと大きな大、もっと小さな小も観ること。大の中には小があり、小が集まって大になる。このことを常に意識して全体的な動きを読み取ること。

 

長期足の流れを読んでいないと小さな動きに振り回されてしまうので、常にそれを忘れないこと。

 

同じ時間足ばかりを観るのではなく、視点を高くしてより長期の足を観てみたり、相場の動きが小さいようなら時間軸を下げて、より短期の足でトレードしてもいい。全体を行ったり来たりして視点を固定しないことが大事。

 

ある時間足で一連の動きが完了したら、それより長い時間足でのたった一つの動きが出来上がったに過ぎないことを認識しておくといいと思う。

 

ゴールド以外の他の通貨ペアの場合、反転上昇するにしてもレンジになってエネルギーをタメてから上昇を開始するが、ゴールドは違う。

 

ゴールドは∨字で急に上がっていく。

 

この「ゴールドの鉄板パターン」を意識しておくだけで、①の下落を除いて、②と③と④で大きく利益を出すことができるようになる。

 


ここまでの3つを理解した上で、全部当てはまるところだけでエントリーすれば、まず負けることはない。

 

 1. 1時間足の陽線確定を待て
 2. 4時間足の実体の確定がそろったところを狙え
 3. ゴールドの鉄板パターンを把握しろ

 

この3つ。

 

これらの条件を満たす場面は少なくはない。エントリー回数がそれなりにあるので、これをマスターすれば専業で生活できるほどになれる。

 

これはゴールドの手法ではあるが、シルバーにも適用可能。

 

もちろん、ゴールドとシルバーだけではなく、他の通貨ペアにも現れる現象なので活用すればいい。利益につなげることができる。

 

今回の前の動画に

 

【神回】総額1000万円以上稼いだシルバーの手法公開 2021/02/06投稿

youtu.be

 

という動画がある。この動画はシルバーについて話した内容だが、長期足の環境認識や短期のプライスアクションについての内容になっているので学びは多い。

 

今回の動画と併せて使うだけで、かなり勝てるようになると思われる。

 

内容が完全に自分のものになるまで何度でも見直せばいい。と言うより、何度も見直すべき。その努力は惜しむべきではない。

 

今回の動画↓

 

【後編】1000万円以上稼いだゴールドの手法公開 2021/02/11投稿

youtu.be