【神回】初心者から専業になれたトレード日記の書き方

https://desuno-to.up.seesaa.net/image/deathnote0140LG.jpg

引用URL https://short.gy/81hZ12


ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。

 

今回は、

 

【神回】初心者から専業になれたトレード日記の書き方 2021/02/03投稿

youtu.be

 

の動画から学ばせてもらいます。ハイトレさん、いつもありがとうございます。

 

ぜひ、元の動画を御覧ください。必ず、何らかの学びや気付きがあります。

 

動画を見た後はYouTube動画の下にあるコメント欄も御覧ください。自分以外の人の意見は自分の助けになることが多いものです。

 

以下は、動画内容のまとめを兼ねた個人的な備忘録になります。

 


■勝つためのトレード日記の付け方

 

トレード日記は正しいやり方で目的を持って書かないと無駄骨に終わる。

 

「トレード日記は本当に必要なの?」という気持ちは誰にでもあると思う。

 

それは純粋な疑問というよりは、書いた方がいいのは分かっているけど書くのが面倒くさいからというのが本音になっている。

 

やらないで済むのならやらずに先に進みたい、と考えるのが普通。だが、普通のことをやっていて、勝者という特別な存在になることはできない。

 


実際に勝てるようになった人の話を聞くとトレード日記を書くようになったら5倍10倍の速さで成長できたという人もいる。

 

これはトレード日記を書かずにやっていたら5年10年かかるところを1年で勝てるようになったということ。

 

この差は非常に大きい。人間の時間は有限なのだから、早い方がいい。

 

「楽して簡単に勝てるようになりたい」と思うのか、「勝てるように慣れるんだったら何でもやってやるよ」と思うのか。

 

結局は自分の中の覚悟の強さだと思う。

 

FXはコツコツ努力していればいつか必ず勝てる、というものではない。負けたままで退場してしまう人もかなりいる。

 

その中の一人になりたくないと思うのなら、避けられないものは乗り越えるしかない。

 

実際に勝てるようになった人がトレード日記を書くことで勝てるようになったと言っているのだから、素直にそれをやれば話は早い。

 

それなのに言い訳や自己正当化などをして逃げているから、いつまでもスタートにたどり着けない。

 

トレード日記を書くことによって日次100万円~200万円稼げるようになることも可能。年収1億円を超える。

 

もし専業トレーダーになりたいと思っているのなら、トレード日記は避けては通れない。

 

正しいトレード日記の付け方を学び、書き続けることで勝てるようになれる。

 

急がば回れ、は本当だと思う。

 


■トレード日記を付ける目的と考え方

 

ただ何となくトレード日記を書いていても意味が無い。

 

「目的」が無いのに続けていても、どこにもたどり着けない。

 

何のためにやるのか、をしっかりと自分の中で確認しておくことが大事。

 

トレード日記を付ける目的は、「弱点の克服」。


これのみ。これがトレード日記を付ける最高にして最大の目的。

 

自分の「弱点の克服」さえできれば、トレード能力が劇的にアップする。

 

勝てていない人ほど

 

 ・自分がなぜ勝てていないのか?
 ・何の能力が足りていないのか?

 

が分かっていない。これは他人事ではない。

 

しかも、弱点は人によってまったく違う。

 

誰か他の人の弱点が自分にとっても弱点であるとは限らない。自分にしか分からないことも多いので、誰かに教えてもらうこともできない。

 

自分の弱点をしっかりと認識できている人なんてほとんどいない。

 

だからこそ、自分の弱点は自分で見つけて克服していくしかない。

 

自分の弱点を自分で見つけて、認識して、それを克服していく。つまり、自分と深く向き合う。これしか方法は無い。

 


勝てていない人の特徴として、同じようなミスを繰り返して負けていることが挙げられる。

 

それを直すことで劇的な変化が訪れる。その変化とは、負けトレーダーから勝ちトレーダーに変われること。

 

トレード日記を書き続けていると勝ちが安定してくる。

 

そうなってきたらトレード日記は書かなくてもいい。もしくは、簡素化して日記をつければいい。

 

ただ、現時点で負けていたり収益が伸び悩んでいる人にとっては、トレード日記は非常に強力な武器にも防具にもなる。

 

それを使いこなすかどうかは、自分次第。

 

トレード日記の目的は、弱点の克服。これをしっかりと覚えておくこと。

 


■正しいトレード日記の付け方

 

何を使って、どの媒体でトレード日記を書いていくかは、自分が使いやすい・やりやすいと感じるものなら何でもいい。

 

紙でもいいし、スマホやPCなど、何でもいい。

 

注意点としては、完璧にやろう・綺麗に書こうと思わずに「とりあえず記録しておこう」という気持ちで書くと長続きする。

 

◆書く項目

 

 □ 通貨ペア
 □ リスクリワード
 □ エントリー前の根拠
 □ エントリー後の反省
 □ 月次と資金管理法

 


「リスクリワード」については、1:2以上のリスクリワードが見込める状況でなければそもそもエントリーしない、などと決めておくのも有効な自制となる。無駄な負けを減らせる。

 

自分への制約としてトレード日記を書くという意識でいればいい。

 

負けている人ほどリスクリワード比率が安定せずに低い傾向がある。利確幅よりも損切り幅の方が大きくなるということ。

 

自分で実際に記録をとって確認してみればすぐに分かる。記録が自分の弱点発見と克服につながる。

 

記録を取ることで、リスクリワードが高い場面でばかり勝負していたり、逆に、リスクリワードが低い場面でばかり勝負していたりする事実に気付けたりする。

 

それで収益が悪くなっているのなら、リスクリワードと勝率を調整してトレードすればいい。

 

なお、他人のリスクリワードや勝率、PF(プロフィット・ファクター)は、どーでもいい。自分の弱点を克服するのに他人の状況は特に必要ない。トレードは自分自身との戦い。自分の軸を持ち、貫く必要がある。

 


「エントリー前の根拠」については、エントリーの「前」に書くこと。

 

後付ではどうとでも言える。

 

それでは実力は付かない。ごまかし続けるだけのトレードになり、トレード日記を付ける意味も無くなってしまう。

 

言い訳や勘違いを量産しても仕方がない。事実と向き合って自分を改善していく必要がある。

 

トレード日記は自分のトレード能力の高さを記録するためのものではない。トレード日記は自分の弱点を発見して、それを克服するためのもの。

 

ただの勝った・負けたを見るために書くのではない。自分の根拠は正しかったのかどうかを確認するために書く。

 

そのためにはエントリー「前」に自分で判断した根拠が記録されていないと反省も改善もできない。

 

後付の自己満足のためではなく、反省して改善するために、エントリー「前」に根拠を書く必要がある。

 

自分が推測した動きと違う動きで勝てたとしても、それは良くない勝ち方。そんな偶然に甘えていてはいけない。

 

勝ったから喜ぶのではなく、その勝ちに至るまでの経緯も見る。その中に利益につながる「何か」がある。

 

確認して改善することを繰り返すことで自分のトレードスキルはどんどん磨かれていく。

 

「エントリー後の反省」は、事実と一緒に自分の感情の動きも書いておく。自分自身の感情を知っておくことで感情に振り回されずにすむようになる。自分のことを知っておくのは思っている以上に大事。

 


「月次と資金管理法」は初心者のうちは特に大事。

 

月次とは、その月でどれだけ勝っているのか、負けているのかを表すもの。月単位の成績、と考えればいい。月単位でなくとも、週単位や上旬・中旬・下旬などの区切りでもいい。ただ、月次でも必ず見ること。

 

初心者は、まずは月次プラスを目標にする。

 

その上で重要なのが資金管理。

 

とても参考になる動画↓
【FX初心者必見】月次で必ず勝つための鉄壁資金管理術(ゆっくり実況) 2020/11/15投稿

youtu.be

 

書き方としては、毎回、エントリーLot数と損益額を書く。ひとまず、それだけでいい。

 

月次プラスを目指すのは当然だが、そのために無茶な資金管理をしてはいけない。

 

無茶な資金管理というのは、例えば、

 

20万円の負けが5回続いて100万円負けたとして、その後に1発で100万円を取り戻そうとしてはいけないということ。

 

そんなトレードの仕方をしていれば、いずれ負けてすべてを失う。

 

目先の数字、目先の結果に踊らされてはいけない。大事なのは、いくら使って、いくら稼いだのか。それこそが大事。

 

自分以外の物事に振り回されず、今の自分に合った資金管理をしなければならない。

 

トレード日記に資金管理を書くことで自然とルールを守りやすくなる。コツコツドカンを防ぐこともできるようになる。

 

そして、1回1回の損益に振り回されることなく、自分のトレードと向き合えるようになる。

 

その結果、トレードをトータルで考えることができるようになる。

 


トレード日記は難しく考える必要はないし、手間をかけて書く必要もない。

 

 □ 通貨ペア
 □ リスクリワード
 □ エントリー前の根拠
 □ エントリー後の反省
 □ 月次と資金管理法

 

を書くのに1~2分程度しかかからない。

 

すぐに終わることなのにその時間を惜しんで面倒くさがっていると失うものは大きくなる。時間もお金も大量に失う。

 

完璧にやろうとすると続かないので、上の5項目だけは書き続けるようにするといい。

 

自分の弱点を発見して克服する。それによって勝ち続けられるトレーダーになることができる。トレード日記はそのための最適な手段となる。

 

【神回】初心者から専業になれたトレード日記の書き方 2021/02/03投稿

youtu.be