【神回】FXで楽して稼ごうとしてる人がいつか必ず退場する理由

http://blog-imgs-82.fc2.com/n/u/k/nukocafe/ivas.png

引用URL https://short.gy/oEGTrb


ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。

 

今回は、

 

【神回】FXで楽して稼ごうとしてる人がいつか必ず退場する理由 2021/12/16投稿

youtu.be

 

の動画から学ばせてもらいます。ハイトレさん、いつもありがとうございます。

 

ぜひ、元の動画を御覧ください。必ず、何らかの学びや気付きがあります。

 

併せて動画の下にあるコメント欄も一読してみると理解が深まると思います。誰かの意見が自分の助けになります。

 

以下は、動画内容のまとめを兼ねた個人的な備忘録になります。

 


■夢と現実

 

FXは稼げるようになれば本当に夢が広がる。

 

どこにいても、誰といても、どんな時でも、スマホやパソコンさえあれば仕事(トレード)ができる。

 

その仕事の報酬は他の仕事とは桁違いのものにできる。

 

桁違いのお金を稼ぐことができるのに加えて、人間として精神的に磨き上げられた人物になれる。

 

内側も外側も充実している生活。まさに理想の生活と言ってもいいと思う。

 


「仕事」と言っても、チャートを見て上に賭けるか下に賭けるかを選べばいいだけ。それがトレーダーの仕事。

 

上か下かを決めたら、利確と損切りを設定しておく。後は自動で処理してくれる。値が動くのを待っていればいい。

 

それは簡単ではないが、やることといえば、

 

 上か下かを決める ⇒ 利確と損切りを設定 ⇒ 待つ ⇒ 資金の増減

 

を繰り返すだけになる。

 

上か下かを決めて利確と損切りを設定したら、また自由に過ごすことができる。

 

このような生活ができれば人生の可能性や選択肢が広がる。良い循環が生まれる。

 

お金も十分に稼げて自由な時間も増えたら何でもできると言っていい。

 

そんな現実が手に入るFXには夢がある。

 

夢があるのは本当だが、その現実を皆が手に入れられるわけではない。

 

大抵の人は夢が夢のままで終わる。そして、いなくなる。

 

憧れだけで生きてはいけない。大金を稼ぐことに憧れている人はたくさんいるが、実際に叶えた人はごく少数。

 


■なぜ、FXで勝てないのか?

 

FXで勝っている人は全体の1割で、負けている人が9割、と言われている。

 

なぜ、9割もの人たちが負けてしまっているのだろうか。そして、その9割の人たちはどのような思考や行動をしているから負けているのだろうか。

 

そこから脱する必要がある。

 

そのためには、勝っている1割の人たちは具体的にどのような考えを持ち、どうやって学んでいったのかを知って自分も実践する必要がある。

 

その1割に入るためのやり方を解説していく。

 


■FXで負けている9割の人たちの思考と行動

 

 1. 楽して稼ごうとしている
 2. 努力の方向性を間違っている

 


◆1. 楽して稼ごうとしている

 

今回のタイトルにもなっているように、ほとんどの人がこの思考を持っている。そのために負けている。

 

9割が負けて1割しか勝っていないと言われるFXの世界で楽をしていて稼げるはずがない。

 

裏技や聖杯なんて無い。

 

「これで誰でも簡単に大金を・・・」なんていう甘い言葉に誘われてはいけない。

 

ここで考えてほしいのは、その商材を購入したり有料のサロン(会員サイト)に入ってしまうその思考や行動は1割の勝ちトレーダーの思考や行動か?ということ

 

その自問自答をして確かめる必要がある。

 

自分でもハッキリ分かると思うが、それらは負け9割の方の思考や行動。

 

そんな人たちと一緒になって同じことをしていて自分だけ特別になれるだろうか。

 

冷静になって考えてみれば、そこに集まってくる人たちは負け9悪の人たちか、勝ち1割の人たちかが分かると思う。

 

「自分だけは特別、他の人たちとは違う。だから、ここで自分だけは結果を出せるはず」。

 

そう思う気持ちも痛いほど分かるが、他の人と同じ行動をしているのに自分の結果だけが違うものになるわけがない。

 

もし本当に自分だけは特別な存在なのだとしたら、すでにガンガン大金を稼げるようになっているはず。

 

何かに迷ったときはすでに自分の中で答えが出ていることが多い。

 

迷ったときは、今自分が取ろうとしている行動が負け軍団の行動か、それとも勝ち軍団の行動かを冷静に考えてみればいい。

 

ゆっくりと深呼吸することで冷静さを取り戻せる。冷静なときに判断すれば大きな間違いを回避するのは容易になる。

 


要するに、商材やサロンで簡単に勝てるようになれるのなら負ける人などいなくなるということ。9割もの人たちが負けるなんてことにはならない。

 

古い自分を壊さないと、新しい自分を作ることはできない。

 

両手いっぱいの物を持っていて新しいものをつかもうと思ったら、持っているものを手放さなくてはならない。

 

使いこなせない物が増えていっても身動きが取れなくなるだけ。これはFXでの知識や情報も同じこと。

 

今一度、楽をして稼ごうとしていないかを自分で自分に確認してみてほしい。

 


◆2. 努力の方向性を間違っている

 

1つめの「楽して稼ごうとしている」にはちょっと反発したくなったかもしれない。

 

自分は楽なんてしていないけど負けている・・・、と言う人もいると思う。

 

何年も努力して勉強しているのに、それでも勝てないという人は多い。

 

例えば、サッカー選手になりたい人がサッカーの知識や情報ばかり増やしても仕方がない。

 

「それは努力の方向性が違うよ」と誰でも分かる。

 

その場合、どうすればいいだろうか?

 

「勉強ばかりしてないでボールを蹴れ!」が答え。

 

誰でも分かることだが、FXのことになると勉強ばかりして遠回りどころか逆方向に進んでいる人が多い。これは自分では気付きにくいのかもしれない。

 

インディケータのパラメータを調整したり聖杯を探したりしても、ゴールにはたどり着くことはない。

 

むしろ、勢いをつけてゴールとは逆方向に離れていくに等しい。

 

これは目的を見失って楽して稼ごうとしている証拠でもある。

 


パラメータをいじって確認をするだけでも相当な時間を消費してしまうし、体力・精神力も消耗させながら資金もどんどん減っていく。

 

「なんか違うなぁ。なんとかしたい」と思うのなら、その解決法は簡単。

 

ひたすらチャートを見て、記録して、考える。これを繰り返せばいい。面倒くさいが、これを繰り返す。

 

過去に通用したものを使えば未来でも勝てるわけではない。そんな保証などない。

 

これは完璧を求めていることが原因だと思われる。1回でも負けるのは嫌、資金が減るのは嫌、という気持ちが強すぎるのだと思う。

 

だから完璧を用意してから勝負しようとする。

 

しかし、完全に同じ状況は二度とこない。似てはいても異なるもの。

 

つまり、完璧なんてものは絶対に用意できないということ。

 

トレードは勝ったり負けたりしてもいいから、トータルで勝てばそれでいい。これが絶対的な結論。

 

自分を特別扱いしているうちは勝てるようにはなれない。自分は特別じゃないんだと気付いたとき、本当の特別になれる。そこが本当のスタート地点。

 


確かに過去チャートを見て確認することはとても大事なことだが、重要なのはその見方。

 

チャートの見方については、こちらの動画がとても参考になる。

 

【最短で上達】FX初心者のトレード練習法 2021/01/12投稿

youtu.be

 

インディケータの数値を変えたり、複数のインディケータを組み合わせたりすれば問題は解決するという思考や行動。

 

それらは9割の負け側の思考や行動ではないか?と考えてみれば何かに気付ける。

 

少し数値を変えただけで勝てるようになどなれない。

 

MA(移動平均線)やRSIなどの数値は20でも21でも22でも結果を左右することは無い。

 

大事なのは、検証で良い結果を出すことではなく、MAならMAを実戦で使いこなせるようになって実戦で利益を出すこと。

 

知識ばかり増えても勝てるようにはなれない。実践して経験を積むことも考えなければならない。

 

FXは知識や情報で勝ち負けが決まるのではない。言葉にはできない経験や精神力なども含めた、人間としての総合力で決まる。だから難しい。だから楽しい。

 


検証にはかなりの時間がかかるので、「自分は頑張っているんだ。努力しているんだ」という気になってしまう。

 

でも厳しい言い方をすれば、それは自己満足でしかない。

 

その「やったつもり」になるのはそれほど難しくはなく、自分でもそれなりに満足できる時間になる。

 

でもそこで気付かなければいけない。

 

それ自体が「楽して稼ごう思考」になってしまっていることに。

 

「これさえすれば勝てるようになれる!」という方法は無い。そんなものは存在しない。

 


だったら、どうすればいいのか。

 

そんなものは無いということを受け入れた上で、1割の勝ち軍団に入るには、

 

 1. 実践でのトレード
 2. トレード日記

 

をすればいい。

 

実践でのトレードとは言っても、ただ闇雲にトレードすればいいわけではない。

 

それでは単に「楽して稼ごう」になってしまう。

 

そうならないためには、実践トレードに加えて、トレード日記が重要になる。

 

トレード日記は自分の弱点や悪いクセと向き合うためのもの。それらを克服して乗り越えないと何も変えられない。自分に打ち勝つ必要がある。

 

トレード日記の書き方については、この動画がとても参考になる。

 

【神回】初心者から専業になれたトレード日記の書き方 2021/02/03投稿

youtu.be

 

kagoshima-investors.jp


まとめると、楽に稼ごうとせずに努力の方向性を間違えないこと。

 

それがFXとの本当の向き合い方であり、取り組み方になる。

 

「勝っている1割の人たちならどうするか?」。

 

それを考えながらFXに取り組むだけでも成長の速さもトレード結果も全然違ったものにできる。

 

今日から意識してやってみてほしい。

 

今回の内容は本当は自分でも気付いていることだったり、すでに自分の当たり前になっていることだったかもしれない。

 

だが、当たり前のことほど難しい。

 

当たり前のことや基礎・基本ほど極意であるのに、多くの人は軽く見てしまう。

 

そして、特殊な情報や聖杯を探し始める。それはいつまでも見つからず力尽きる。それが9割の人たちの末路。

 

そうなりたくなければ、楽な道を探して逃げたりしないと自分と約束すればいい。

 

大事なのは、自分が本当に納得できているかどうか。納得が不十分だと思うなら、独りの時間を作ってじっくりと考えてみるといい。

 

「へー、そーなんだぁ」で終わっていては、いつまで経っても9割の人たちの仲間でいるしかなくなる。

 


FXで稼げるようになれば自由な時間が増え、人生が豊かになる。

 

でも、そのための楽な道はない。

 

逃げずに乗り越えると決める。それを胸に刻んで正しい努力を続ければ、1割の方に入ることができる。

 

今ここで、このときに、自分と約束することはできる。

 

もしも今、「あとで、いつか」と先送りしようと思ったのなら、それは楽しようとしているのかもしれない。

 

【神回】FXで楽して稼ごうとしてる人がいつか必ず退場する理由 2021/12/16投稿

youtu.be