【ゆっくり実況】FX環境認識の本当のやり方と目的を解説する

https://d2dcan0armyq93.cloudfront.net/photo/odai/600/d5c4af5c6c751a08e1def869e5fd909a_600.jpg

引用URL https://short.gy/eZBLHu


ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。

 

今回は、

 

【ゆっくり実況】FX環境認識の本当のやり方と目的を解説する 2020/12/16投稿

youtu.be

 

の動画から学ばせてもらいます。ハイトレさん、いつもありがとうございます。

 

ぜひ、元の動画を御覧ください。必ず、何らかの学びや気付きがあります。

 

併せて動画の下にあるコメント欄も一読してみると理解が深まると思います。誰かの意見が自分の助けになります。

 

以下は、動画内容のまとめを兼ねた個人的な備忘録になります。

 


■環境認識の目的

 

環境認識と聞くと難しいイメージを持つ人が多いと思うが、それは環境認識の目的や考え方が分かっていないから。

 

「環境認識とは何をすることなのか?」と聞かれたら何と答えるだろうか?

 

おそらく多くの人は「月足や週足、日足等の長期足に水平線やチャネルを引くこと」と答えると思う。

 

だが、それらは環境認識のオマケに過ぎない。

 


長期足に水平線やチャネルを引いて分析することが間違いなのではない。それはそれで正しい。

 

水平線やチャネルを引くことで、利確の目標や伸びる幅を確認することができるのだから。

 

それでも、それらはオマケ。

 

環境認識をする本当の目的は「各時間足ごとの波の確認やトレンドの確認」。

 

それをするために環境認識をする。

 

簡単に説明すると、自分がエントリーに使う監視足よりも上位の足をそれぞれ見ていって

 

 ・今は何波なのか?
 ・トレンドは上か下か?
 ・それともトレンド無しなのか?

 

を見ること。それこそが環境認識。

 


例えば、4時間足を監視足にしているとして、上昇トレンドに乗ろうとしたとする。

 

そのときにそれより上の時間足である日足や週足で完璧な下降トレンドであればエントリーすべきではないし、ポジションを持っているのなら利確を早める必要がある。

 

監視足よりも長期の足で環境認識をすることによって、より大きな方向感を把握できる。

 

それによって下手な逆張りを無くし、利益を大きく伸ばすこともできるようになる。

 


■環境認識のやり方

 

まずは下の画像を見てほしい。これはユーロ円の4時間足。

 

f:id:kagoshima-investor:20220108003631j:plain

 

緑の縦線のところで押し目(押し安値)を形成。そこでエントリーする場合の環境認識を解説していく。

 

次は4時間足の上位足、日足を見ていく。

 

f:id:kagoshima-investor:20220108003647j:plain

 

緑の縦線部分。エントリー時はこれほど大きく上昇していなかったが、綺麗な第1波、第2波をつけて第3波を作ろうとしているところだった。

 

日足の第3波なので強く上昇することが予想できるので、4時間足でもロングでエントリーできると判断できる。

 

もし週足の環境認識をしてまったくの逆方向に動いているときは、エントリーはしても利確を早めたりエントリーを中止する必要がある。

 

その時の週足はこのようになっていて、第2波あるいは第4波の下降波を作っている最中だった。

 

f:id:kagoshima-investor:20220108003703j:plain

 

青の丸で囲んだところが調整第2波または第4波で、その後に上昇しているのが第3波あるいは第5波。

 

ここで大事なのは現在の上昇が第3波なのか第5波なのかではない。

 

第3波でも第5波でも上昇することには変わりないのだから、「緑の縦線のところでエントリーしていいと判断できる」ことこそが重要。

 

f:id:kagoshima-investor:20220108003721j:plain

 

だが、この状況では第3波なのか第5波なのかの区別はつかない。

 

もし第5波であれば紫の水平線で反転して下降してくることになる。決めつけずにいくつかの可能性を考えておくと柔軟に対応することができる。

 

f:id:kagoshima-investor:20220108003737j:plain

 

その場合は、紫の水平線までで利確しないといけなくなる。

 

第5波だった場合は早めの利確が必要になるが、第3波だった場合は紫の水平線を超えて大きく上昇していくことになる。

 

しかも、それは週足での第3波になるので、今後、さらに大きな上昇が期待できる。

 


監視足の4時間足、上位足の日足・週足で完璧にロングエントリーの根拠が確認できた。

 

その環境認識によって、4時間足でエントリーしてもいい状況だと判断できる。そして、エントリーする。

 

監視足(軸)が4時間足であるなら、月足の環境認識はしなくてもいいと思う。

 

4時間足から週足までで完璧に根拠がそろっているし、4時間足を軸としているトレードでの月足はあまりにも長期すぎるので少し参考にする程度で十分。

 

今回のキモとなるのは、日足と週足。

 

4時間足の上位足である日足・週足と大きな流れの向きが一致しているので、心配なくエントリーできる。

 


初心者がこのレベルの環境認識をいきなりできるとは思わないが、全体を見る習慣を持つのは大事なこと。

 

自分がエントリーする軸の足だけではなく、上位の足を見る意識を持つだけで結果を大きく変えることができる。

 

これらの知識を得たら実際にトレードで使いこなせるように練習する必要がある。

 

それができるようになれば、一生FXで食っていけるようになれる。

 

【ゆっくり実況】FX環境認識の本当のやり方と目的を解説する 2020/12/16投稿

youtu.be