実戦的まとめ④

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/S/SAKU39/20190616/20190616233407.jpg

引用URL https://short.gy/5oheIK


ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。

 

今回も、これまでのまとめを書いておきます。

 

■ダウ理論

 ・「波」の中にはさらに小さな波が含まれている。「大波」の中には「中波」、「中波」の中には「小波」が複数含まれている。これは、小さな波が集まると大きな波になるということでもある。エリオット波動も同様。
 ・上昇トレンド:高値と安値がそれぞれ切り上がっている
 ・下降トレンド:高値と安値がそれぞれ切り下がっている

 

■短期のプライスアクション
 ・短期プライスアクションの結論は、「トレンド方向に進む前に逆側に振ってから進む動き」。
 ・いわゆる「ダマシ」と呼ばれる動きをしてから本格的に相場は動き出す。

f:id:kagoshima-investor:20220120131200j:plain

 

 ・より短い足でダブルトップ/ボトム、三尊/逆三尊などのチャートパターンが出ていないかを確認するといい。
 ・利益を出したければ、損切りさせられる人の決済を利用する。
 ・短期足には水平線を引かずに、プライスアクションを見て判断する。
 ・ダマシは騙されるためのものではなく、利用するためのもの。

f:id:kagoshima-investor:20220120131218j:plain

 

■通貨強弱
 ・「ドル/円」なら、ドル関係を3つほど(ユロドル・ポンドル・豪ドルドルなど)と、円関係を3つほど(ユロ円・ポン円・豪ドル円など)見て判断すればいい。
 ・強弱を判断する方法は何でもいい。プライスアクション、チャートパターン、トレンドライン、水平線、レジサポなど、根拠が得られればどれで判断してもいい。

f:id:kagoshima-investor:20220120131237j:plain