実戦的まとめ⑤

https://alu-web-herokuapp-com.global.ssl.fastly.net/cropped_images/sULimwTqIpgMLIpNKfTv8eIxCO63/c_1566427228335?format=pjpg&auto=webp&quality=80,70&width=300

引用URL https://short.gy/PRFr54


ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。

 

今回も、これまでのまとめを書いておきます。

 

■ピラミッディング
 ・ピラミッディングをするときは、「合計保有ロット数」と「損切りされる場所(プライス)」を正確に計算する。
 ・ピラミッディングするときは「ロスカットライン」を強く意識する。
 ・ロスカットラインを基準にしてロット数を決める。
 ・「リスクリワード」の語順を考える。まず最初に「リスク」のことを考えること。
 ・ピラミッディングは「含み益」を使って行う。
 ・2ndエントリーをすると同時に1stエントリー分のストップを引き上げておく(損失の限定化)。
 ・「イコール・ピラミッディング」を使うといい。ずっと同じロット数でピラミッディングをしていくやり方。
 ・ピラミッディングをする場面について
  ◆監視足のネックラインを抜けたとき
  ◆短期トレードで一瞬の値動きを獲るとき(長期保有禁止)
 ・1stも2ndも別々のエントリー根拠があるからこそ、エントリーできる。2ndは1stの延長ではない。

 

■損切り
 ・損切り位置を決める → 利確位置を決める → リスクリワードが良ければエントリー。
 ・とにかく引きつけてからエントリーすること。そうすることで損切り幅を狭くでき、利確幅を広くできる。
 ・損切りをする位置について
  ◆ダウ理論が崩れる位置
  ◆押し目の少し下、戻り目の少し上に置く

 

■目標設定
 ・まずは「月次」プラスになるように努力する。目指すは10ヶ月。「日次」では考えないこと。
 ・トレード日記を書く。
 ・資金管理を徹底する。
 ・毎週・毎月の目標を立てて、弱点と次回の目標を決めて取り組んでいく。